中公新書<br> 悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』

個数:1
紙書籍版価格 ¥842
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書
悪と往生 親鸞を裏切る『歎異抄』

  • 著者名:山折哲雄【著】
  • 価格 ¥842(本体¥780)
  • 中央公論新社(2013/11発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

親鸞の教えと『歎異抄』の間には絶対的な距離がある。この距離の意味を考えない限り、日本における「根元悪」の問題も、「悪人」の救済という課題も解けはしない。中世以来、あまたの人々の心を捉え読み継がれてきた『歎異抄』は、弟子・唯円の手になる聞き書きであった。だがその唯円は、「裏切る弟子」=ユダではなかったか。本書は、『歎異抄』を解体しつつ、現代社会に濃い影を落とす〈悪〉という難題に対峙する。著者の親鸞理解の到達点。

目次

1 悪と罪
2 「宿業」と「不条理」
3 裏切る「弟子」
4 唯円の懐疑
5 唯円とユダ
6 正統と異端
7 個とひとり
8 「親鸞一人」の位相
9 「自然」と「無上仏」
10 唯円の作為
11 住生について