文春文庫<br> 28年目のハーフタイム

個数:1
紙書籍版価格 ¥507
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
28年目のハーフタイム

  • 著者名:金子達仁
  • 価格 ¥500(本体¥463)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • もうすぐクリスマス!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/11)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

本書を読まずして日本のサッカーを語ることなかれ! 1996年夏のアトランタ。28年ぶりに五輪出場を果たしたサッカー日本代表は、ブラジル戦での奇跡的な勝利で世界中を沸かせた。だが、躍進の陰で矛盾と亀裂を抱えたチームは、続くナイジェリア戦のハーフタイムで、ついに崩壊する。安易な喝采と批判を容赦なくあびせ、日々消費される報道からはけっして見えてこない監督、選手たちの葛藤を、深い愛情と洞察力によって肉迫した、スポーツ・ドキュメンタリーの新しい金字塔。

目次

第1章 奇跡と真実―’96・7・21マイアミオレンジボウル・スタジアム 日本オリンピック代表‐ブラジル・オリンピック代表
第2章 西野朗の告白―’96・11・8バルセロナ
第3章 ハーフタイムの出来事―’96・7・23オーランドシトラスボウル・スタジアム 日本オリンピック代表‐ナイジェリア・オリンピック代表
第4章 中田英寿の肖像
第5章 経験というタマゴ
第6章 川口能活の叫び
第7章 キャプラン・前園真聖
第8章 祝祭の終わり―’96・7・25オーランドシトラスボウル・スタジアム 日本オリンピック代表‐ハンガリー・オリンピック代表
第9章 アウダイールの笑顔―’97・4・3ローマ
第10章 ジェネレーションA―’97・5・21東京国立競技場 日本代表‐韓国代表