文春新書<br> ヘッジファンド - 世紀末の妖怪

個数:1
紙書籍版価格
¥748
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
ヘッジファンド - 世紀末の妖怪

  • 著者名:浜田和幸
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166600212
  • NDC分類:338.1

ファイル: /

内容説明

だれが山一證券にとどめをさしたか? タイで、香港で、韓国で、次々に通貨戦争を仕掛け、その国の経済に壊滅的打撃を与えて去って行った国際的投機集団・ヘッジファンド。彼らの暗躍を許した客観条件とは? 世界経済を攻撃して巨利を得るヘッジファンドと欧米当局の金融政策との関係は? ヘッジファンドの代名詞・ソロス氏の「麻薬合法化運動」「慈善」への巨額の寄付は何を意味する? 日本に紹介されない情報を分かりやすく説明し、金融のプロにも評価の高い1冊。

目次

序章 世紀末の妖怪
第1章 アジアが墜落した日
第2章 ジョージ・ソロス氏の知られざる過去
第3章 ジキルとハイド
第4章 デリバティブという「ババ抜き」ゲーム
第5章 「自由」の暴走
終章 妖怪の運命

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっちゃん

4
本書はヘッジファンドの裏を書いた本。 基本的に著者はヘッジファンドに批判的な立場です。 というよりも、日本を擁護する立場だろうか。 そもそも、ヘッジファンドは一般の国民は関係ないと思った人も多いと思います。 しかし、アジア通貨危機で日本が莫大な費用を支払ったことを知ると、無関係でないことがよくわかると思います。 本書に書かれていることが本当なら、なんてけしからん話なんだと思いました。2013/12/10

ヴェルナーの日記

3
国家予算並みの巨額な投機マネーを駆使して新興国等にデリバティブを仕掛けるヘッジファンド集団。彼らが関わったとされるアジア通貨危機などを紹介しつつ、ファンドの顔として知られるジョージ・ソロス氏の過去に触れている。一介のロシア系ユダヤ難民だった彼が、数千億ドルの投機マネーを操れるようになった陰にロスチャイルド家が絡んでいるという都市陰謀説を飛び交う。作り話としては面白い話が、実際は疑わしい。しかし、その後のリーマン・ショックやユーロ危機に目を向けると、全くの嘘とも言えないところが面白い。2012/08/11

numainu

2
評価E2005/11/26

Kenji Ogawa

1
アジア通貨危機のバックグランドとヘッジファンドの暗躍ぶり2017/06/02

omochi

1
ヘッジファンドというより、世界的に有名な投資家ジョージ・ソロスの人生の投資活動歴について書かれている。アジア通貨危機におけるジョージ・ソロスの活動は、多少陰謀論に近かったが、興味深かった。2011/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14268
  • ご注意事項