「相対性理論」を楽しむ本 - よくわかるアインシュタインの不思議な世界

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • 電子書籍
  • Reader

「相対性理論」を楽しむ本 - よくわかるアインシュタインの不思議な世界

  • 著者名:佐藤勝彦
  • 価格 ¥510(本体¥464)
  • PHP研究所(2012/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569572161
  • NDC分類:421.2

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ホーキング博士の難解な宇宙論がブームになったことは記憶に新しい。そんな難解な理論の代表格が、ホーキング理論の基礎でもあるアインシュタインの「相対性理論」ではないだろうか。 実は、相対性理論は彼がいなかったら成立しなかったというわけではない。その発表とともに世界の学者たちが「ああ、そうだったのか」と、直ちに理解したのである。別の見方をすれば、相対性理論は天才しかわからないものではなく、素直に考えればなるほどそうだったのかと誰でも思えるものなのだ。 本書は、従来の解説書と違い、数式をできるだけ使わず、イラストや図解を多用することで、スラスラと理解できる入門書。あなたをアインシュタインの不思議で謎に満ちた世界へと誘います。 全体を10章に分け、「アインシュタインの生涯」「遅れる時間の不思議」「双子のパラドックス」などのテーマごとに解説。楽しく読み進むだけで理解できるように構成された画期的な一冊。

目次

第1章 相対性理論を体験しよう―相対性理論超特急<br/>第2章 相対性理論を生んだ天才―アインシュタインの生涯<br/>第3章 はじめに光ありき―特殊相対性理論その1<br/>第4章 遅れる時間の不思議―特殊相対性理論その2<br/>第5章 時間+空間=時空―特殊相対性理論その3<br/>第6章 物質はエネルギーの固まり―特殊相対性理論その4<br/>第7章 ゆがんだ時空―一般相対性理論その1<br/>第8章 双子のパラドックス―一般相対性理論その2<br/>第9章 火の玉宇宙が膨張する―現代宇宙論その1<br/>第10章 無から生まれ急成長した宇宙―現代宇宙論その2

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

121
相対性理論といえば“e=m×C²”の公式で有名ですが、ここで一つ、思考実験。サイボーグ009の島村・ジョーが加速装置で光速の速さに達するにどの程度のエネルギーが必要なのか? 仮に彼の体重が60kgとすると、3,24×19乗kwHのエネルギーが必要で、例えば広島に落とされた原爆の凡そ100万倍。地震のマグニチュードに換算すると理論上M12以上になってしまい、ここまでくるとそのエネルギーの破壊力は地球を真っ二つにしてしまうほどになってしまう―― まぁ~質量が“0”で無い限り光速に達することは出来ないけどね。2014/12/19

ehirano1

101
これはかなり分かり易いです。例えが上手いし、簡便な数式による証明が理解を助けます。良本ではないでしょうか。2018/03/03

takaichiro

93
相対性理論 量子力学、歯ごたえありすぎて一読しただけでは飲み込めませんでした^_^タイムマシン、宇宙の誕生、原子力など、最新のサイエンスを理解するには避けては通れない、物理学の基礎?過去も何とか頭に入れようと入門編に目を通したが、う〜んと唸って本を閉じた瞬間に、あれ夢を見てだけど、どんな夢だったかな式に水泡に帰してしまいます。数時間そちらに気を向けても脳のエンジンはかからない。ちゃんと勉強しなきゃ。本書は入門書の中でもわかりやすいと評判^_^相対性理論の入り口に立ちたいと思ったら、是非読んで見てください!2019/06/25

(C17H26O4)

91
佐藤勝彦さんの物理学の入門書を読むのはこれで3冊目。この方のわかりやすい本は、本当にわかりやすい。数式や専門用語を極力避けて書かれてあるので、ふむふむってちゃんと思える。楽しいなあ。何冊か読んだことで、ちょっとした用語にもずいぶん慣れて、知識も少しだけど増えてきたように思います。2020/07/12

ehirano1

85
この手の本は「例え」と「(最小限の)数式」がもの凄く大切ですね。そういう意味で本書はホントに良く練られていると思います。2020/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546984
  • ご注意事項