新総合読本<br> 社会の発明発見物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

新総合読本
社会の発明発見物語

  • 著者名:板倉聖宣/松野修
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 仮説社(1998/07発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773501346
  • NDC分類:031

ファイル: /

内容説明

今では当たり前になっている「おさつ」や「図書館」や「郵便制度」。それらを最初に考え出した人がいて,それが定着するまでには様々なドラマがありました。新しい何かが作り出されるとき,そこには創造的に生きた人たちがいたのです。これまで,ありそうでなかった初めての「社会の発明発見物語」。社会のことや経済のしくみまでがイキイキと見えてくるお話ばかりです。お話のくわしい解説もついています。

★★ もくじ ★★
・ 社会の統計法則の発見
  ロンドンの人口をつきとめたジョン・グラント

・ 郵便制度の改革
  均一料金と切手の発明

・ 現金かけ値なし
  定価の発明

・ 長野における〈正札商法〉のはじめ
  丸為商店・藤井名左衛門の冒険

・ おさつの発明

・ 世界最初の不換紙幣
  インフレーションの発明・発見

・ 公共図書館の発明
  フランクリンのつくった図書館会社

・ フローレンス・ナイチンゲール
  看護婦という職業の発明
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。