祥伝社黄金文庫<br> 海の邪馬台国 - 三内丸山遺跡が古代史の定説を変えた

個数:1
紙書籍版価格 ¥596
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社黄金文庫
海の邪馬台国 - 三内丸山遺跡が古代史の定説を変えた

  • 著者名:邦光史郎
  • 価格 ¥529(本体¥490)
  • 祥伝社(2014/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

古代の繁栄は、水辺を離れては成立しなかった。縄文都市・三内丸山遺跡も、弥生時代の代表的集落・吉野ヶ里も、海を窓口としていたから繁栄を手に入れたのだ。古代の“海”が生んだ壮大なドラマ…両者の共通点を探ることで浮かび上がってくる、邪馬台国の真の姿を追う!

目次

序章 覆された古代の定説―つねに海は外に開かれていた<br/>1章 海へ向かう三内丸山遺跡―かつて北の地に栄えた高度な技術と文化<br/>2章 三内丸山と吉野ケ里を繋ぐ“海の道”―日本海を縦横に渡る古代人の知恵と行動力<br/>3章 海流の三又路“吉野ケ里文化圏”―最も早く弥生文化がはじまった地とは<br/>4章 邪馬台国はどこにあったのか?―『魏志』が記す謎に満たち“一万二千里”の道のり