北炭夕張炭鉱の悲劇 - 昭和小史

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,029
  • Kinoppy
  • Reader

北炭夕張炭鉱の悲劇 - 昭和小史

  • 著者名:増谷栄一
  • 価格 ¥2,029(本体¥1,845)
  • 彩流社(1996/02発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

昭和56年、多くの犠牲者を出した北炭夕張炭鉱事故。閉山の危機に立つ同鉱救済のため、日本炭鉱労働組合は最後の闘いに臨んだ。エネルギー革命下で起こった事故の底流にあったものは。元北海タイムス記者が悲劇の内側を検証する。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

ヤマの崩壊はこうして始まった
難航した管財人選び
再建の方途さぐる
再建に暗雲立ちこめる―労務債問題が最大の障害
三井鉱山対北炭の確執
大沢管財人、労組に閉山提案―規模縮小による再建の可能性探る
労務債の弁済をめぐって、政商萩原吉太郎氏を追及
炭労、閉山合意に傾く―閉山後の新会社設立に希望を託して
新会社の設立に赤信号点滅
山中通産大臣が政治決断―北海道、石炭協会による新会社設立〔ほか〕