八幡大神の神託 - 隼人征伐から源平争乱までの事件史

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,669
  • Kinoppy
  • Reader

八幡大神の神託 - 隼人征伐から源平争乱までの事件史

  • 著者名:清輔道生
  • 価格 ¥2,669(本体¥2,427)
  • 彩流社(1995/10発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本古代史は八幡大神なくしては語れない。宇佐仏教成立前史から神仏習合発祥秘史、八幡神教と良弁、道鏡事件の真相、宇佐八幡宮と清和源氏、安徳天皇の秘密の生涯、宇佐八幡宮炎上事件などを通してその本質を解明する労作。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

序章 宇佐の八幡さま
第1部 奈良時代編(宇佐仏教成立前史 宇佐君法蓮―八幡大神成立・神仏習合発祥秘史 八幡神教と良弁―東大寺大仏造立秘史 道鏡事件の真相)
第2部 平安時代編(宇佐八幡宮と清和源氏―藤原良房の野望と石清水八幡宮の創建 安徳天皇の秘密の生涯 源平争乱と緒方惟栄―宇佐八幡宮炎上事件)