中公新書<br> アメリカのジャポニズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥768
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書
アメリカのジャポニズム

  • 著者名:児玉実英【著】
  • 価格 ¥768(本体¥699)
  • 中央公論新社(2011/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

一八五一年の第一回ロンドン万博を契機に、十九世紀後半は、ヨーロッパで空前の日本ブームが沸き起こった。時を同じくしてアメリカでも同様の流行を見るが、その場合、際立っていたのは、日本趣味の及んだ範囲が、美術や文学といったハイ・カルチャーにとどまらず、服飾、造園、装飾品といった生活に密着した品々にも広がったことである。本書は多岐に亘る実例を示して、短いながらも広く深かった日本趣味流行の軌跡を辿るものである。

目次

第1章 ヨーロッパとアメリカのジャポニズム
第2章 アメリカの服飾の中のジャポニズム―キモノの変貌
第3章 アメリカのジャポニズムの淵源―歴史的背景と初期の衝撃
第4章 アメリカ文学の中の日本
第5章 アメリカ美術のジャポニズム―サージェント、カサット、ホーマーなど
第6章 アメリカの生活の中のジャポニズム―建築、庭園、家具、装飾品など
第7章 ジャポニズムの終焉