文春文庫<br> 村の名前

個数:1
紙書籍版価格 ¥481
  • 電子書籍
  • Reader

文春文庫
村の名前

  • 著者名:辻原登
  • 価格 ¥478(本体¥435)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167316044
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

中国のはるか奥地を仕事で旅する日本人商社マンが、桃源郷の名をもつ小さな村にふと迷い込んだ。優美な村の名前からは想像もつかない奇怪な出来事が、彼の周りで次々と起こる。謎の溺死体、犬肉を食らう饗宴、つきまとう正体不明の男達……。彼も同行の日本人も、次第に調子がおかしくなってゆく。桃花の薫りがする魅力的な土地の女に導かれるように、知らず知らず村の秘密へと近づき、ついに彼が見た“真の村の姿”とは。話題の第103回芥川賞受賞作と他一篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

172
第103回(平成2年度上半期) 芥川賞受賞。 加藤さんと橘の中国の 村体験とでもいうのだろうか。桃源県桃花源村…何となく、心惹かれる名前。 1990年の本に「デング熱」 が出てきたのには驚いたが…。読んでいて著者が 描こうとする中国の村の 世界に正直入り込めなかった。女性とのかかわり合いも村の名前に由来した 出来事だったのか、垣間見られる日本人への悪意は 村の閉塞感の描写なのか、 よくわからないまま読了してしまった、そんな読後感だった。2014/09/27

ヴェネツィア

91
1990年上半期芥川賞受賞作。同時期には、その後同賞を受賞した奥泉光、小川洋子、荻野アンナが名を連ねていた。そうした中での受賞なのだが、この作家と編集者には本を売る気があるのだろうかと思う。『村の名前』―こんなタイトルに誰が魅かれるだろう。内容を読めば、それが世にも名高い村であったことがわかるのだが。作品には現代中国の寒村にまで及ぶ権力構造と、村の様子が強いリアリティを持って描かれている。シュールと評する委員もいたが、この小説はあくまでもリアリズム小説の、これまでとは違った方向からのアプローチなのだ。 2013/08/22

レアル

66
イグサを求めて中国までやってきた話なのだが、たどりついた桃源県桃花源村。ここで起こっている体験は果たして現実なのか、それとも否なのか。。なるほど桃源郷ね。面白いのかと言われれば正直あまり分からない。ただ、じっとりとした粘つく文章に彷徨いながらも吸い寄せられる!そんな読了感を持つ作品だった。 2016/09/16

おいしゃん

58
【芥川賞作品】初読み作家月間、9人目。難解。舞台は表題作は中国の僻地、もう一編は埼玉。書いてあることは突飛なことでもないのだが、モチーフや、何がいいたいのかはさっぱり理解できず…。夢と現実の狭間にいるような文体は癖になりそうでもあるが、しばらくはお腹いっぱい。2016/12/25

はらぺこ

51
表題作『村の名前』は少し不思議な話。でも最終的に理由は明かされるのでファンタジーでもメルヘンでもない話。それにしては多少モヤモヤは残る。好きかどうかは別にして、自分の読書力の無さで少し状況が分かり難いと感じた場面は有りましたが難解ではないので読み易い事は読み易かったです。 もう1つの『犬をかけて』は分かるような分からんような・・・。2012/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490197
  • ご注意事項