祥伝社文庫<br> 悪霊七大名所の殺人 - 連作長編推理小説

個数:1
紙書籍版価格 ¥533
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

祥伝社文庫
悪霊七大名所の殺人 - 連作長編推理小説

  • 著者名:山村正夫
  • 価格 ¥473(本体¥430)
  • 祥伝社(2014/02発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

落人の恨みは必ず晴らす――九州・五家荘と椎葉を訪ねる「平家谷の伝説ツアー」の添乗員・美也子は、匿名の脅迫状に怯えていた。不安は的中し、ツアーの講師を務める教授が殺害された。凶器は、宮崎に古来伝わる“四半的弓道”の矢。しかも現場は完全な密室だった…!熊野三山、山形県立石寺、群馬県四万温泉など日本各地の悪霊名所で、今夜も惨劇の幕が開く。

目次

悪霊ツアー<br/>ムカサリ絵馬の惨劇<br/>神隠しの湯<br/>平家谷殺人行<br/>巡礼不可能殺人<br/>旅は死体連れ<br/>亡霊の宿