ぼちぼち草子

個数:1
紙書籍版価格 ¥440
  • Kinoppy
  • Reader

ぼちぼち草子

  • 著者名:田辺聖子
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 講談社(2011/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

大阪人は、「ぼちぼちにいく」のを好む。バランスよく世渡りする、自分の甲羅に似せた穴を掘る、まあ何とかアタックする、あまり手を拡げなくともよいなどの気分、一種の処世方針の表明なのであるが……。大阪に生れ育った著者が、「ぼちぼちにいく」知恵で、現代人の抱える「家族」や「愛」の難問に答える名著。

目次

女の定説
いま女は何を考えているか
理想の夫
アッと驚くショッピング
男親の教えた歌
子連れ男と継母の関係
子供の遍歴修行
「とんだりはねたり」と老いの花
子供地獄
何するのよ
老いのトバ口
男と女の違い
からむ
この頃世間のいやらしいもの
タマゴと私
社墓について
ホッとする…
別荘の持ちかたは
女にしてほしくない仕事