集英社文庫<br> 放浪行乞 - 山頭火百二十句

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
放浪行乞 - 山頭火百二十句

  • 著者名:金子兜太
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 集英社(1992/02発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087497892
  • NDC分類:911.36

ファイル: /

内容説明

〔山頭火〕俳人。明治15年、山口県防府市生まれ。父の放蕩に絶望した実母が11歳の時自死。痛烈な傷痕をこころに受けて成長した。禅僧として托鉢の旅をつづけた山頭火は「行」と「行」の接点を「修行」に求め、自分を裁き励ました。行乞は放浪の態となり、とめどなく歩き、酒を浴びた。その生涯を秀句の新解釈で描く力作評伝。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

motoroid

2
金子兜太による山頭火の評伝。俳句が書かれた背景がわかると、俳句が詩というより物語のように感じられた。日記に描かれている、自我や業から抜け出したいと苦悩する中年・老年の姿が辛かったです。その分、時々訪れる小さな幸せを大きく感じている山頭火の文章が心地よかった。2013/11/27

みーふぃ

0
 山頭火 わからない人生 ほんにんも?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2247108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。