私本・イソップ物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥503
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

私本・イソップ物語

  • 著者名:田辺聖子
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 講談社(2011/11発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

奸智にたけながら結局不如意な狐、愚かで粗暴で純情な狼、立派すぎる正義漢の犬、甘くてかわいい娘兎、臆病な権力者の獅子、何でも商売の狸……動物好きの著者が生き生きと語る、抱腹絶倒の現代版イソップ話。動物たちのいじらしさが滲む姿を描いて、人間という生き物を深く考える、知恵と笑いの傑作小説集。 ■収録作品■狐がキマらないことについて/犬の高潔なる品性の害について/狼、すべてこの世は段取りと恰好つけであると悟ることについて/動物村の新人類について/狼、底には底がないと知ることについて/狐、はじめて考えこむことについ

目次

狐がキマらないことについて
犬の高潔なる品性の害について
狼、すべてこの世は段取りと恰好つけであると悟ることについて
動物村の新人類について
狼、底には底がないと知ることについて
狐、はじめて考えこむことについて
獅子、女の沽券を考えることについて
狼、楽して儲けようと思うことについて
狼の所有する「無」について
狼、ゼウスと対話することについて
象、動物村の文化水準を上げることについて
狐、女の洞察力を考えることについて
狼、ペットを持って発見したことについて
キリンの自殺騒ぎについて
狼、大僧正となることについて
動物村の人間汚染公害について