ボヴァリー夫人

個数:1
紙書籍版価格 ¥781
  • Kinoppy
  • Reader

ボヴァリー夫人


ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

田舎医者ボヴァリーの美しい妻エマが、凡庸な夫との単調な生活に死ぬほど退屈し、生れつきの恋を恋する空想癖から、情熱にかられて虚栄と不倫を重ね、ついに身を滅ぼすにいたる悲劇。厳正な客観描写をもって分析表現し、リアリズム文学の旗印となった名作である。本書が風俗壊乱のかどで起訴され、法廷に立った作者が「ボヴァリー夫人は私だ」と言ったのは、あまりにも有名である。