遠くからの声

個数:1
紙書籍版価格 ¥492
  • Kinoppy
  • Reader

遠くからの声

  • 著者名:松本清張【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061313750

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

姉が結婚する前の交際に利用された妹は、姉の新婚旅行へもやって来た。妹の不思議な行動の意味が、霧の中の遠い声となって哀しくひびく――“遠くからの声”。同郷で小学同級生で親友の間に何故殺意が生じたのか――“殺意”。人間の深層の動きを捉えて、生の実存を問う推理作品群8編。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

22
姉が結婚する前の交際に利用された妹は、姉の新婚旅行へもやって来た。妹の不思議な行動の意味が、霧の中の遠い声となって哀しくひびく。義兄を激しく愛しているが故に、かえって転落の道を辿ろうとする悲劇的な女の肖像であり、「遠くからの声」とはかつて中禅寺湖の霧の中から新婚旅行先まで追いかけてきて「おにいさま」と義兄に呼びかけた義妹の言葉を意味しているが、同時に、この女が魂の内部で何度も何度も打ち消そうとしたにもかかわらず、いくたびとなく燃え上がる思慕の念であり、情熱的な内面の声の象徴ということもできる。2006/08/13

スリーピージーン

7
松本作品は映像化が多いので、読むうちに「ドラマで見た、これ」というものに出会う。「市長死す」は「砂の器」の一部分に似ていてこの作家の得意手法なのだなと感心する。表題作「遠くからの声」は何ということもない話なのだが、心に残るのは人物造形がうまいからなのだろうか?昭和30年代初頭に描かれたものだからどれも古風だけど、人の本質に迫るところがあるので些細な所は気にならない。だけど「尊厳」は昔の価値観を知らないと理解できないかも。対比がうまい「殺意」はこの中で一番好み。主人公の古瀬判事の祖父の真相は?2014/01/19

桜もち 太郎

5
短篇集。推理小説以外も含まれる。印象に残ったのは「遠くからの声」で啓子が「おにいーさまあ」と霧の中から叫ぶ声だ。姉の夫に恋い焦がれる女心が良かった。推理小説も良い。殺人の多くは嫉妬や金がらみで起こることが多い。「殺意」「なぜ星図をひらいていたか」「反射」などコンパクトな中にもきりっと光る一本の筋が面白かった。2017/08/10

はんげつ

3
松本清張の短篇を初めて読む。「殺意」や「反射」などのオーソドックスなミステリにあてはまる作品にはあまり感銘を受けなかった。「本格として読むと」という軸でどうしても評価してしまうので、想定を超えてくる凄みやツイストにやはり欠けてしまうのかな。想定内という意味では「遠くからの声」もそうだったけど、情緒のある描写のおかげでこういうのは好み。ベストとなれば、あまりにも高貴な人物への復讐を描く「尊厳」一択。すべてが無に帰してしまうあのオチがなんともいえず最高。2019/06/02

おーくら

3
静かな文体でクールダウン。市長死すが良かった。2016/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/299695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。