文春文庫<br> 空の城

個数:1
紙書籍版価格 ¥598
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
空の城

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥590(本体¥537)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167106621
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

名の通った中堅クラスだが、トップになれない──その焦りから石油部門へ進出を急いだ巨大総合商社が、冷酷な国際商戦の渦に巻き込まれて、またたくまに膨大な赤字を抱え、ついに倒産。渦中にいた四千人の社員の何人が、その無残な敗北を予測しえただろうか? 一方、仕事は放任、熱狂的な陶磁器マニアだった社主が見ていたものは……。石油という国際的な商品の“魔性”に命運を賭けた大企業の野望と挫折を、徹底した海外取材をもとにリアルに描く、《小説・安宅産業の崩壊》。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Walhalla

14
石油をテーマにした、企業の野望を描いた作品でした。 モデルになった企業があるようですね。 ボリューム感たっぷりで、作者の視点の鋭さをすごく感じました。 私にはちょっと難しかったですが、いろいろ勉強にもなりました。2016/05/11

つみれ

1
電子書籍で600円しないくらいという値段に惑わされたが驚きの長さ、あの大阪弁のセリフのおかげでなんとか読み切れたが。2021/12/25

まーほ。

1
安宅産業が倒産に至った経緯を詳細に描く小説?2018/08/07

Kirikoh

0
本の帯にしっかりオチが書いてあったけど気づかずに最後までどうなるのか気になりながら読めた。特にどんでん返しもなく、あっさりと、まあそうなるよねって感じに落ち着いて良くも悪くも現実味のある内容だった。松本清張らしいなと思った。長かった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/374675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。