週刊東洋経済 (2021年6月26日号)

個数:

週刊東洋経済 (2021年6月26日号)

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2021年07月30日 14時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910201340613

基本説明

全解明 経済安保|

詳細説明

【第1特集】
●全解明 経済安保

 ◇米中デカップリングと日本企業 世界を覆う経済安保
  ・先端技術で米中が火花
  ・中国が強い関心を持つ先端技術
 ◇インタビュー 経済安保 どう取り組む?
  ・自民党 衆議院議員 甘利 明
    「中国に情報を抜かれる前に企業は備えを」
  ・多摩大学 学長 寺島実郎
    「デカップリング論に惑わされてはいけない」

〈Part1 最先端技術バトル〉
 ◇各社のシナリオを徹底分析
   「板挟み」日本企業の隘路
 ◇三菱電機、デンソー、パナ 専門部署設置でリスク管理
 ◇インタビュー 企業幹部が抱く危機感
  ・経済同友会副代表幹事 小柴満信
  ・三菱電機常務執行役 日下部 聡
 ◇低下した日本の存在感 挽回可能か 半導体支援の落とし穴
 ◇日本のものづくりが止まる レアアース入手難の深刻
 ◇中国での業務委託リスクが露呈 信頼失ったLINEの教訓
 ◇テンセント出資で米国も強い懸念 外為法すり抜けた楽天の責任
 ◇積水化学、ソフトバンクなどで社員逮捕 産業スパイにご用心
 ◇人権リスクが直撃 八方ふさがりのミャンマー進出企業
  ・インタビュー 京都大学准教授 中西嘉宏
    「妥協しない軍事政権。制裁も無力」

〈Part2 米中新冷戦と日本〉
 ◇自民党提言の意義と疑問 経済安保なら何でもありか
 ◇インタビュー 首相補佐官(経済・外交)阿達雅志
   「経済の実態を踏まえた議論を」
 ◇経済安保に政局のにおい 半導体議連は“二階包囲網”
 ◇バイデン政権でも強硬路線 米外交「中国カード」の切り方
 ◇インタビュー
  ・米スワースモア大学教授 ドミニク・ティアニー
    「中国は超党派合意の唯一のイシュー」
  ・元内閣官房副長官補 兼原信克
    「民生技術と軍事は不可分の関係だ」
 ◇米大学で浸透する自主管理 「外国の影響」にどう向き合う
 ◇英国は投資規制を強化 安保と経済の二兎を追う


【第2特集】
●「国民的ポータル」はどこへ向かう
  ヤフーニュースの憂鬱


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす