週刊東洋経済 (2018年7月14日号)

個数:

週刊東洋経済 (2018年7月14日号)

  • ウェブストアに74冊在庫がございます。(2018年07月21日 05時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910201320783

基本説明

2018年版すごいベンチャー100|

詳細説明

【特集】
●ビジネスヒントはここにある!2018年版
  すごいベンチャー

 ◇宇宙
   商業開発が本格化! ユニークな発想が続々
 ◇ロボット
   多様な切り口から描いた理想の実現を目指す
 ◇AI
   人工知能で社会や仕事の姿を変える
 ◇エネルギー
   東日本大震災後のエネルギー新ビジネス
 ◇モビリティ
   水上移動車や自動運転など次世代車を開発
 ◇フランスの孫正義が造った世界最大のベンチャー施設
 ◇フィンテック
   “ かゆいところ”に着眼 新金融サービスが続々
 ◇シェアリング
   身近な問題を“シェア”して解決
 ◇メルカリついに上場 米国「巨額投資」の勝算
 ◇建設・不動産
   業界の古い慣習をITやAIで解決
 ◇街ぐるみでベンチャー支援する鶴岡市
 ◇新素材
   世界の注目を集める日本発の独自技術
 ◇インタビュー
  日本のベンチャー 何が課題か 
    各務茂夫 東京大学教授
    ジェームズ・ライニー 500 Startups Japan代表
 ◇教育
   子ども向けも大人向けも革新余地は大きい
 ◇HR(人事)
   人手不足の時代こそ人事力が問われる
 ◇観光
   急増する訪日客 チャンスは大きい
 ◇先代事業を改革し再興! 執念の跡継ぎベンチャー
 ◇フード
   IoTなど最新技術で農水産業を革新
 ◇ライフスタイル
   女性に人気の化粧品とハンドメイドアプリ
 ◇アパレル
   服の製造プロセスや服自体の概念を一新
 ◇エンタメ
   最新の技術によって娯楽の世界が変わる
 ◇大企業が群がる米国発のベンチャーハブ
 ◇ヘルスケア
   閉鎖的な情報を流通させれば価値を生む
 ◇“死の谷”を越えられなかった失敗ベンチャーの教訓
 ◇リーガル(法務)
   訴訟にまつわる不満が起業のきっかけに
 ◇政治
   新世代の若者が政治を変える
 ◇あの朝日新聞がベンチャー進出のワケ
 ◇まだある!有望ベンチャー54社リスト


[ニュース深掘り]
◆三越伊勢丹の海外店舗 公的資金引き揚げの内幕


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす