週刊東洋経済 (2019年11月2日号)

個数:
  • ポイントキャンペーン

週刊東洋経済 (2019年11月2日号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥730(本体¥664)
  • 東洋経済新報社(2019/10/28発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • 提携先に7冊在庫がございます。(2020年05月29日 16時41分現在)
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910201311194

基本説明

新幹線vsエアライン|

詳細説明

【特集】
●国内交通の覇者はどっちだ?
  新幹線 vs. エアライン

 ◇どちらが強い? 全国「新幹線vs.エアライン」勢力図

 ◇Part1 空vs.陸 激戦の構図
  ・新幹線「水没」で混乱 北陸の悲願は空路維持
  ・羽田―伊丹便の人気が根強い理由
  ・新幹線もエアラインも重要 東京視点と違う「地方の論理」
  ・東西で「次世代」新幹線が登場 進化する乗り心地を実現?
  ・快適性向上に工夫を凝らす 航空大手2社の新型機材
  ・ネット予約サービスはエアラインが圧倒的リード
  ・価格・時間に環境問題も! 欧州で白熱する激突の構図
  ・見栄えと機能性を同時に追求 制服も進化する
 ◇Part2 新幹線が変える国土軸
  ・東京―札幌「4時間半」実現への難所 焦点は青函トンネルだ
  ・長崎新幹線は「不完全状態」で始動
  ・リニア2027年開業に暗雲 大井川「水問題」の論点
  ・チームプレーでついに実現 新幹線「のぞみ」12本ダイヤ
 ◇Part3 顧客囲い込みを急ぐエアライン
  ・大手から4枠回収で政策枠は充実 羽田便の生き残り競争
  ・日本の「大甘検査」とは大違い 厳格化する空港の保安検査
  ・ユニーク戦略でシェア拡大 地域密着エアラインの底力
  ・続々民営化する地方空港 利用者にも大きなメリット

【第2特集】
●野村証券 反転攻勢の全貌
 ・最後に笑うのは誰か 地銀をめぐる国盗り合戦

【スペシャルリポート】
◆台風19号の深い爪痕 首都浸水
 ・見過ごされてきた浸水対策 マンション防災の死角
 ・福島県の工場が多数被災 供給網寸断の影響長引く
 ・東北被災地でも浸水被害 津波対策への偏重に疑問符
 ・「災害に弱い土地の利用規制を考えよ」
   東洋大学理工学部建築学科 教授 野澤千絵

【深層リポート】
◆大詰めのブレグジット 決着は年内の総選挙か
◆大躍進遂げた日本ラグビー 「ベスト8」進出の重み

…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす