表現者クライテリオン (2019年1月号)

個数:

表現者クライテリオン (2019年1月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,337(本体¥1,238)
  • 啓文社(2018/12/15発売)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2019年01月24日 00時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 隔月刊誌
  • A5
  • 商品コード 4910074050190

基本説明

「思想」としての防災|

詳細説明

[特集]
●「思想」としての防災

 ◇平成天譴論
  ――「サイガイ」を「サイワイ」にする力
  /富岡幸一郎・編集部(座談会)
 ◇思想としての防災/大石久和
 ◇時が場所をつくる条件(2)/松原隆一郎
 ◇農業とナショナリズム/三橋貴明
 ◇防災と確率 思想としての防災/加藤尚武
 ◇国家の安全保障と強靭化の戦略
  ――求められる変化への対応/志方俊之
 ◇転ばぬ先の杖/村上陽一郎
 ◇「天災」という思想/富岡幸一郎
 ◇防災と実存
  ――新自由主義を超えて/中島岳志
 ◇災害対策とリベラリズムの欠陥
  ――時間や場所の感覚を取り戻すことは可能か/施光恒
 ◇防災の思想
  ――「防災」とは「活き活きと生き続けること」である/藤井聡
 ◇防災しないという思想/佐藤健志


[特集2]
●沖縄で考えるニッポン
 ――歴史・アメリカ・未来

 ◇沖縄で考える保守思想
  ――沖縄シンポジウムを振り返る/藤原昌樹
 ◇沖縄で考えるニッポン
  ――沖縄・与那国滞在レポート/編集部
 ◇過剰な「政治化」が招いた分断
  ――普天間・辺野古問題の四半世紀/宮城大蔵
 ◇普天間・辺野古問題と安倍政権
  ――沖縄が問う日本の民主主義/前泊博盛
 ◇対米従属文学論(沖縄特別篇)
   第4回「宿命」の島で考える文学/編集部


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす