経済学の新たな方向性<br>Reorienting Economics (Economics as Social Theory)

個数:
電子版価格 ¥12,639
  • 電書あり

経済学の新たな方向性
Reorienting Economics (Economics as Social Theory)

  • 提携先の海外書籍取次会社に在庫がございます。通常3週間で発送いたします。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合が若干ございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 416 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780415253369
  • DDC分類 330.1

基本説明

Contends that if economics is to be saved from itself then there must be a realistic dialogue bewteen the classical heterodox fields.

Full Description

Contemporary economics is characterized by a mismatch between its methods of analysis and the nature of the world it seeks to interpret. Despite regular economic crises and ongoing critique of the discipline, the drift from political economy into applied mathematics appears to continue unabated. In this book, Tony Lawson advocates a relignment of economics with social reality.

In analyzing mainstream economists' misplaced universality, the author places ontology at the heart of a reoriented future in which economics is integrated within the wider human and social sciences.