父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

個数:

父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月24日 10時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784990811617
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0036

内容説明

たった五~六年しかない子どもとの時間を、仕事や自分の趣味だけで過ごしてしまうのはもったいない。この時期は、いってみれば、父としての青春期。子どもに教えてあげる。子どもと競いあう。子どもと一緒にはじめてみる。とにかく子どもと笑いあう。子どもにとって、この時期に父と遊んだことはずっと心の奥に残るはず。できるだけたくさんのことを体験するもよし、ひとつのことに集中するもよし。やりかたはお父さん次第。子どもとのかけがえのないこの時期を貪欲に楽しみましょう!

目次

1 オトンになるまで(もっと、子どもと)
2 オトンの日々(オトンはハッとする;オトンの決めごと;オトンと家で;オトンが忘れたくないことばとか)
3 オトンとでかける(オトンと自然のなかへ;オトンと街へ出よう)
4 オトンの背中(オトンとこで、はたらこう!;リゾ勤のススメ)
5 オトンと旅(いにしえの都とナニワ旅;四万十川カヌーとキャンプ旅;オトント旅の醍醐味)
6 オトンの時代をつくる

著者等紹介

布施太朗[フセタロウ]
株式会社パラドックス。ブランディングディレクター、クリエイティブディレクター。oton+to編集長、朝日おとうさん新聞oton+to JOURNAL編集。1969年大阪府生まれ。1994年早稲田大学卒業後、株式会社リクルートに入社。その後、株式会社パラドックスに入社。企業や商品のブランディングや広告制作に関わりながら2011年、「父と子の遊びサイトoton+to」を立ち上げ、世のお父さんが面白く生きていくための情報を発信しながら、父子をテーマにした執筆や商品ブランディングに携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。