赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。

個数:

赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月24日 23時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784990811600
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

目次

第1章 この文を書いた経緯
第2章 育児への取材をはじめてみた(核家族というシステムへの疑問;反響のなかにあった久しぶりのメール;みんな自分の子どもに思える―自主保育・野毛風の子 ほか)
第3章 育児の理想のかたちが見えてきた(保育士たちの課外活動―asobi基地の取材;広がるメディアの輪;育児は「仕組み」でよい方向へ導ける―アズママの驚き ほか)
第4章 赤ちゃんにきびしい国は変えられる(高度成長が見落としてきた大切なもの;核家族=自立という勘違い;二つのムラの間でせめぎ合う罪悪感 ほか)
エピローグ 赤ちゃんにやさしい国へ

著者等紹介

境治[サカイオサム]
コピーライター/メディアコンサルタント。1962年福岡市生まれ。1987年東京大学卒業後、広告会社I&S(現・I&S BBDO)に入社しコピーライターに。その後、フリーランスとしての活動を経て株式会社ロボット、株式会社ビデオプロモーションに勤務。2013年より再びフリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件