黒沢清、21世紀の映画を語る

黒沢清、21世紀の映画を語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784990493813
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

映画とは何か、映画監督とは誰か、映画館とはどんな場所か?20世紀のスクリーンに掛けられたそんな巨大な疑問符に向けて、黒沢清が語りつくす21世紀の映画論。

目次

1 映画講演2004‐2009(私の映画論;映画のショットについて;小津安二郎について;映画とロケ場所について;映画の歴史について;映画監督の仕事とは何か;『日本春歌考』;『絞死刑』)
2 連続講義・21世紀の映画を語る(リアルとドラマ;持続と断絶;人間;21世紀の映画)

著者等紹介

黒沢清[クロサワキヨシ]
1955年、兵庫県神戸市生まれ。立教大学在学中、『SCHOOL DAYS』『しがらみ学園』などの8ミリ映画で注目を浴びる。長谷川和彦、相米慎二らの助監督を経て83年『神田川淫乱戦争』で商業映画デビュー。監督作品に『ドレミファ娘の血は騒ぐ』『CURE』『ニンゲン合格』『カリスマ』『大いなる幻影』『回路』(2001年カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞受賞)『アカルイミライ』『ドッペルゲンガー』『LOFT』『叫』『トウキョウソナタ』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。