貨幣と市場の経済思想史―イギリス近代経済思想の研究

個数:

貨幣と市場の経済思想史―イギリス近代経済思想の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 373,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784947553485
  • NDC分類 331.233
  • Cコード C3034

内容説明

古典的金本位制は「ヨーロッパ世界経済」の必須の要件であった。「貨幣の理論」が現実の貨幣システムから乖離していたことを踏まえ、市場経済にとって金融危機とは何かを学説史的に論じた。

目次

序章 貴金属本位制と貨幣の経済思想
第1章 貨幣と市場のポリティカル・エコノミー
第2章 一六九〇年代の貨幣改鋳問題とJ.ロック
第3章 一八世紀ヨーロッパ経済とJ.スチュアート
第4章 イギリス産業革命と古典的貨幣理論の原型
第5章 H.ソーントン、リカードと「地金論争」
第6章 一九世紀資本主義と古典的貨幣理論の終焉
第7章 古典的金本位制と貨幣の経済思想
終章 市場の無規律性と貨幣の経済思想

著者等紹介

小池田冨男[コイケダトミオ]
1949年石川県生まれ。1976年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。1976年流通経済大学経済学部専任講師。専攻は経済学史・社会経済学。現在、流通経済大学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴィクトリー

1
始めは経済用語や理論的な流れがよく分からなかったが、歴史の動きに沿っての理論展開になるので、徐々に分かってきたような気になった。 重層的な信用の元で信用が拡大され、どこかで信用不安が起きると、連鎖的に信用が収縮し「金融危機」に至る過程が何となく掴めて来た気がする。 何にしても、資本主義も、中央銀行も、経済理論も、それぞれにその時々の状況に対応してきて、今の形があるのだな、ということを思い知らされた。やっぱり、物事を知るには歴史から入った方が分かりやすい気がする。2011/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1442506

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。