東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月25日 16時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784944124190
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0073

内容説明

二〇〇四年度、東大教養学部でおよそ三〇〇人の学生とモグリを熱狂させたジャズ史講義、ついに刊行!ジャズ史の新たなスタンダード。

目次

十二音平均律→バークリー・メソッド→MIDIを経由する近・現代商業音楽史
ジャズにおいてモダンとは何か?―ビバップとプレ・モダン・ジャズ
モダンとプレ・モダン―五〇年代に始まるジャズの歴史化・理論化と、それによって切断された事柄について
一九五〇年代のアメリカと、ジャズ・モダニズムの結晶化
一九五九~一九六二年におけるジャズの変化
フリー・ジャズとは何からのフリーだったのか?
一九六五~一九七五年のマイルス・デイヴィス(コーダル・モーダルとファンク;電化と磁化)
MIDIとモダニズムの終焉
前期テスト
アフターワーズ―後書き対談

著者等紹介

菊地成孔[キクチナルヨシ]
1963年、千葉県銚子市生まれ。音楽家、文筆家、音楽講師。1984年プロデビュー後、数々のバンドでの活動の傍ら、膨大なスタジオワークを経験。現在主宰するグループに、菊地成孔クインテット・ライヴダブ、デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン、Spank Happyなど。また、私塾ペンギン音楽大学の他、東京大学教養学部、アテネ・フランセ映画美学校でも教鞭を執る

大谷能生[オオタニヨシオ]
1972年生まれ。青森県八戸育ち。批評家、音楽家。1996~2002年まで「複製技術を前提とした音楽製作に対応する批評の確立」を目的とした音楽批評誌『Espresso』を編集・執筆。日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わる。東京大学教養学部、アテネ・フランセ映画美学校などで菊地成孔とともに教鞭を執っているほか、単独でも数々のレクチャーを行っている。演奏家としてはmas、feep、simなどのグループに参加。その他さまざまなセッション、グループで演奏を行っている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。