化学物質過敏症を工夫で乗りきる〈2〉暮らし対策実践編 (改訂)

個数:

化学物質過敏症を工夫で乗りきる〈2〉暮らし対策実践編 (改訂)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 231p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784939042980
  • NDC分類 498.4
  • Cコード C0036

内容説明

アレルギー疾患の子供が増える中、新しい建物に入居後、化学物質過敏症(CS)を発症する人たちが激増しています。「シックハウスは終わった」という間違った情報が、今日本中に広まっています。10年以上前の建築基準法改正では対応できない現状は、日本で暮らす多くの人々(乳幼児、子供、女性を含む)を病人にしています。本書では、CS発症者の生活必需品の選別、購入法や暮らし方などが体験事例をもとに明らかに。

目次

第1章 暮らし方と対策(CS患者さんとの暮らし方;生活改善から始める;化学物質過敏症の発症原因を考える ほか)
第2章 生活用品の選択(空気清浄機と活性炭;オーガニックコットンと衣類;洗濯について ほか)
第3章 一人の患者として思うこと(『銀河鉄道999』の果てしない長い旅;生まれつきひどいアレルギー;シックハウスの子供部屋 ほか)

著者等紹介

足立和郎[アダチカズロウ]
1958年東京生まれ。建築家。幼い時からアレルギー疾患で苦しむ。成人になるにつれ、元気を取り戻すが、化学物質過敏症(CS)を発症。22歳から木造建築の職人として働き始める。その後、京都に移る。建設会社の現場監督を経て、1989年にパハロカンパーナを設立。その後、パハロカンパーナ自然住宅研究所と改める。1990年代初頭から、有害建材などを使った一般住宅の危険性を訴え続け、95年に同じ考えのメンバーとともに日本で初めての自然住宅のネットワークを発足させ、各地で「シックハウス問題と健康な住まい造り」の講演をする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。