葬墓民俗用語集

個数:

葬墓民俗用語集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 161p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784939042935
  • NDC分類 385.6

内容説明

あの世とこの世の境界領域。民俗学で探る葬と墓の世界。日本人の死生観に迫る。

目次

1部 葬墓民俗用語集(蒼柴垣神事;阿古谷;阿知女作法;阿彌陀ケ原 ほか)
2部 死と死後の民俗用語(阿弥陀仏号;姥捨伝説;梢付塔婆;逆修・預修 ほか)
解説 グレンツゲビート(境界領域)―奥村隆彦氏の学問的世界

著者紹介

奥村隆彦[オクムラタカヒコ]
1927年長野県生まれ。大阪医科大学研究科修了。大阪大学理学部化学科聴講生。仏教大学退学。小児科医、医学博士・学術博士。近畿民俗学会参与、日本宗教民俗学会委員、歴史考古学研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)