完本 墨俣一夜城の虚実―秀吉出世譚と『武功夜話』

個数:

完本 墨俣一夜城の虚実―秀吉出世譚と『武功夜話』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 18時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784939042911
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0021

内容説明

家康ら徳川3代に仕えた御用学者・林羅山が幕命により編纂した『豊臣秀吉譜』にも詳述。永禄9年の秀吉築城譚は、人口に膾炙された「公知の事実」だった。軽輩者だった秀吉が蜂須賀小六ら無名の川筋土豪たちと一緒に瞬時に作り上げた橋頭堡に人々は喝采を送り、秀吉は出世街道を驀進していくのである。

目次

序論
幕府崩壊と新史観の誕生
信長の築城
西美濃から東美濃へ(永禄六・七・八年)
秀吉の築城
築城に関する通説と反対説
築城否定説(藤本説)
築城否定説(勝村説)
『武功夜話』偽書問題
原点(出発点)に戻って
『太閤記』と『豊臣秀吉譜』
終章

著者紹介

牛田義文[ウシダヨシフミ]
昭和5年徳島県阿波郡(現、阿波市)に生まれる。昭和25年徳島県立阿波高等学校卒業。昭和29年中央大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)