歴史環境を考える―人間・生活・地域

個数:

歴史環境を考える―人間・生活・地域

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 197p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784938236700
  • NDC分類 290.13
  • Cコード C1037

目次

環境問題は何を意味するか(環境問題の行方;島と持続―ツバルそして豊島)
地図から見た生活空間としての環境の変遷(讃岐の自然と生活を知る―地図を片手にフィールドへ;中世の港湾都市宇多津の景観を探る;都市空間の変容:地図に表れた高松の歴史)
金毘羅の景観(金毘羅における歴史的景観の成立事情―玉垣・金堂・高燈篭にみる;こんぴら門前町における生活と町並みの変遷)
「国家」と環境(信条化の時代;近代衛生システムの構築―「虎列刺予防愉解」が果たした役割;日本の国立公園の法的制度―瀬戸内海国立公園を例にして)
人の生死と環境(死の比較文化環境論の試み―ルターと親鸞;英国地方都市の墓地の変貌―Brighton市を事例に;現代社会と「死の教育」)