• ポイントキャンペーン

エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784931449381
  • NDC分類 147
  • Cコード C0011

内容説明

2000年の時を経て今、ダスカロスによって明かされる秘儀的な教えとは?!キリストが12使徒と70人の弟子だけに与えた秘儀―霊的真理とその独習法をまとめた稀有な一冊。

目次

1 理論編 霊的知識―キリストの教えと内なる智恵(主の祈り;エクササイズと瞑想について―ダスカロスに聞く1;7つの約束;エソテリック・ティーチング―キリストの教えによる真理の道 ほか)
2 実践編 プラクティス―エクササイズと瞑想(パターンド・ブリージングについて;観察・集中・視覚化;エーテル・ダブル;エーテルの手と腕 ほか)

著者等紹介

ダスカロス[ダスカロス]
本名、スティリアノス・アテシュリス。1912年12月12日キプロスに生まれる。哲学博士、神学博士、心理学修士。「真理探究のためのシステム」として知られる、100を超える学習サークルの精神的な指導者。キプロスおよび諸外国で多方面における専門分野の教育を受け、主としてキプロスの政府印刷局に勤務。生涯を通じて、作曲、ヴァイオリンやピアノの演奏、ガーデニング、外国語習得、詩を書くこと、絵を描くことを好んだ。中でも最も情熱を傾けたのは、人生の目的―どうしたら私たちが神聖なる絶対無限の存在について、経験を通じて理解していくことができるか―について、準備ができた人々に教えることだった。70年以上にわたって小さなグループで生徒たちに「エソテリック・ティーチング」を教え、晩年は世界中に広がる生徒たちに求められ、国際的な活動も行なっていた。マスターやグルとして扱われることを嫌い、常に兄弟姉妹として、友人として、自分を必要とする人々を喜んで助けてきた。また、あくまで真理の探究者の独立性に重点を置き、依存と支配に基盤を置くような人間関係に警告を呼びかけていた。1995年没

須々木光誦[スズキコウジュ]
東京生まれ。成城大学経済学部卒業。ゴールデンゲート大学大学院経営学部M.B.A.終了。ウィスコンシン大学大学院経営学部修士課程(M.S.)終了。1976年頃より、真言密教、チベット密教に傾倒、釈尊の教えに真理を学ぶ。2000年7月ハラランボス氏によるダスカロスの教えを学ぶサークルに参加。2001年よりサークルのコーディネーターの一人として活動、エクササイズと瞑想を通して内在するものを探究。現在、心身のウエルネスとその場を提供・サポートする事業に携わっている。米国NPO「国際彫刻センター」理事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。