薬剤師のための添付文書活用ハンドブック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 109p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784931400603
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C3047

内容説明

薬剤師なら添付文書はこう使う。薬の特性を読み取るコツと服薬指導に活かすノウハウ。

目次

1 医薬品添付文書とは
2 医療用医薬品の添付文書に記載されている内容
3 添付文書の読み方(医薬品の名前から特徴を読む;不思議な警告と禁忌;剤形や投与量が変わると適応症が変わる;用法・用量;使用上の注意(相互作用)
使用上の注意(副作用)
薬物動態を読み解く
薬効薬理の情報を使う
有効成分に関する理化学知見)

著者等紹介

山村重雄[ヤマムラシゲオ]
城西国際大学薬学部教授(臨床統計学ユニット)。1979年東邦大学薬学部卒業。薬学博士(千葉大学)。東邦大学薬学部薬剤学教室、同大学医療薬学教育センター医薬品情報学研究室を経て、2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tomoyuki.k

0
薬学生が実習に行く前に読むと良いではないでしょうか。ただ現役の薬剤師でもこれ知らない人けっこう多い気がする。2014/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/670343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。