モナド新書<br> ネット右翼vs.反差別カウンター―愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!

個数:

モナド新書
ネット右翼vs.反差別カウンター―愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B40判/ページ数 294p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784931344495
  • NDC分類 361.65
  • Cコード C0236

内容説明

ネトウヨの跳梁跋扈を、オタクが、アウトローが、民族派が、身体を投げ出して止める!「レイシストをしばき隊」「男組」「C.R.A.C.」反差別カウンターの思想と行動の源泉をあきらかにする!著者があかすネトウヨの素顔とは?既存右翼がネット右翼に変貌するなか、差別排外主義者との闘いは、今、あらたなフェイズを迎えた!!

目次

はじめに ある古参右翼の行きついた先
1章 ネット右翼の台頭
2章 カウンター登場
3章 ネトウヨの素顔
4章 反差別カウンターの思想と行動
5章 愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ
おわりに ファシズムに覆われる世界に抗して
対談 安田浩一×山口祐二郎―右翼とネトウヨ、なぜ結びつく?
対談 小林健治×山口祐二郎―人権の根幹には差別糾弾がある!

著者等紹介

山口祐二郎[ヤマグチユウジロウ]
1985年生まれ。群馬県出身。新右翼団体「統一戦線義勇軍」元幹部。現在、右翼と左翼の混合集団「全日本憂国者連合会議」議長、「憂国我道会」会長。フリーライターとしても活動。「在特会壊滅への道」で第26回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」佳作入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。