がんが消えていく「野生」の免疫バランス

個数:

がんが消えていく「野生」の免疫バランス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月21日 07時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784930703828
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0047

内容説明

治る人、治らない人。ベストなはずの標準治療…。なぜ、これほどまで治療効果が変わるのか?がん克服者たちが共通して持つ免疫のベストバランス。化学合成物質に汚染された生活から自分の免疫システムを守る!

目次

第1章 人はなぜがんになるのか
第2章 自然界の免疫バランスを取り戻す
第3章 「がんを消していく」ためにできること―日々がんと向き合う医師と開発・研究者が語りつくす
第4章 保健師が語る医療の可能性としての「還元プランツ」
第5章 がんと賢く闘うために
第6章 がんを克服した強いからだのつくり方

著者等紹介

長根忠人[ナガネタダト]
医学博士。1959年生まれ。旭川医科大学卒業後、同第一内科(現循環・呼吸・神経病態内科学分野)入局。同大学及び旭川厚生病院循環器科で循環器の臨床研修を積み、名寄市立病院、豊岡中央病院、進藤病院で一般内科を担当。所属学会:日本内科学会、日本循環器学会、日本胎盤臨床医学会、日本ホリスティック医学協会など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。