親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?―心の声に耳を傾ける これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく

個数:
  • ポイントキャンペーン

親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?―心の声に耳を傾ける これ一つ解消すれば、子どもは輝いていく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月08日 05時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784925253994
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

内容説明

親も、悪くない。子どもも、悪くない。問題の根っこは、心の「パイプ詰まり」。大人気子育てアドバイザーの子育て論。

目次

なぜ、子どもが心配な行動をとるようになるのでしょうか―原因は、ただ一つ。周りの人との「心のパイプ」が詰まるから
学校で、よく相談を受ける子どもの気になる四つの行動―どのケースの子が、いちばん大きな問題を抱えているか考えてみましょう
なぜ、親と子の、心のパイプが詰まるのでしょうか
「最近、子どもと、コミュニケーションを、うまく取れない気がする」と感じたら…
子どもの心を、一日も早く回復させるために症状の段階に応じて、親がやるべきこと、決してやってはいけないこと、が異なります
先生と生徒の間のパイプ詰まりが解消されれば、学校で傷つく子どもが、少なくなります
心のパイプが、完全に詰まったまま成長すると、とても孤独で、苦しい生き方になります
子どもが、親に自分の気持ちを伝えることができる関係は、本当に素晴らしいと思います
子どもの声を、もっと学校に取り入れていけば、主体性が育ち、自己肯定感が育っていきます
「子どもを変えれば、問題は解決する」という考えは、パイプ詰まりを引き起こします
心のパイプ詰まりの予防法、見分け方、早めの対処をアドバイスします
現代社会に必要なことは、子どもの声に耳を傾けることではないでしょうか

著者等紹介

明橋大二[アケハシダイジ]
昭和34年、大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。心療内科医。真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザー、富山県いじめ問題対策連絡会議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。