かわさき市民アカデミー講座ブックレット<br> 「鎖国」を見直す

個数:

かわさき市民アカデミー講座ブックレット
「鎖国」を見直す

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 90p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784916092410
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0336

目次

1 見直される「鎖国」―現状と問題点(高校教科書の記述の変化から;高校教科書の記述の問題点)
2 「鎖国」という言葉の経歴―誕生・流布・定着の意味(「鎖国」という言葉の誕生;「鎖国」の評価の変遷 ほか)
3 近世日本の国際関係の実態(近世日本の「四つの口」;長崎口―オランダ・中国との「通商の関係」 ほか)
4 東アジアのなかで息づく近世日本―「鎖国」論から「国際関係」論へ(近世日本と東アジアの国際関係―「海禁」と「華夷秩序」を通して見る;近世日本と東アジア国際市場―貿易に見る日本と東アジア)
5 鎖国を見直す意味―なぜ歴史は見直されるか

著者等紹介

荒野泰典[アラノヤスノリ]
1946年広島県呉市に生れる。東京商船大学および東京大学文学部国史学科卒業。同大学院修士課程修了後、東京大学史料編纂所助手、立教大学文学部助教授を経て、現在、立教大学文学部教授。専攻は近世日本史および近世国際関係論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。