叢書・文化学の越境<br> 狩猟と供犠の文化誌

個数:

叢書・文化学の越境
狩猟と供犠の文化誌

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784916087751
  • NDC分類 384.35
  • Cコード C1039

内容説明

ヒトの生存のための基本的な手段である「狩猟」のいとなみや神と人間と自然の三項を祭祀の場で象徴的に関係づける「供犠」儀礼をとおして血と暴力をもふくむ人間と自然との本源的な関係を再検討する。

目次

1 文化としての殺生と狩猟(殺生罪業観の展開と狩猟・漁撈;殺生罪業観と草木成仏思想;日本中世狩猟文化史論序説;アイヌの狩猟文化―菅江真澄の日記を手がかりとして;なめとこ山の死の贈与)
2 供犠の論理と供犠の民俗(自然破壊と人身供犠;天津罪考―神話の中の供犠;人間鉄骨論;人柱の思想・序論―人を守り神にする方法;送り儀礼の民俗考古学―野生と合理性;首の贈与論―中国雲南省〓(わ)族の首狩り儀礼について
イスラムの犠牲祭と供犠獣)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シンリ

0
おもしろかった。確かに今まで「生贄・人身御供・人柱」を一緒くたにして考えてたな2014/06/05

ぺろり

0
「なめとこ山」の項が読みたくて手に取ったがこれは食い足りない印象。原田信男の稿は狩猟と肉食が禁忌となっていく過程が、素人にもとてもわかり易かった。同様に秦康之の稿も供犠の求められる背景がわかり易く論じられていて面白かった。それにしても、こんなにも肉好きの私たち。千年にわたる肉食禁忌があっさり破られたのは何故。2010/04/04

メルセ・ひすい

0
9. 12  日本書紀・・農耕とブタ食 農耕 肉食とクギ ヒトの生存のための基本的な手段である「狩猟」のいとなみや、神と人間と自然の三項を祭祀の場で象徴的に関係づける「供犠」儀礼をとおして、血と暴力をもふくむ人間と自然との本源的な関係を再検討する。2007/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/243011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。