関東大震災時の朝鮮人虐殺とその後―虐殺の国家責任と民衆責任

個数:

関東大震災時の朝鮮人虐殺とその後―虐殺の国家責任と民衆責任

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784915970382
  • NDC分類 210.69
  • Cコード C0036

内容説明

1923年9月1日関東大震災時になぜ、日本の民衆が朝鮮人を虐殺したのか!新史料から社会的背景、歴史的事実を明らかにし、虐殺の国家責任と民衆責任を問う。

目次

はじめに―関東大震災時に虐殺された朝鮮人やその遺族たちの悲しみと苦渋
第1章 在日朝鮮人運動の発展と日本人社会主義者との連帯志向に対する警視庁の弾圧
第2章 関東大震災時朝鮮人虐殺事件と日本国家
第3章 関東大震災時の朝鮮人虐殺をめぐる日本人の民衆と社会主義者
第4章 戦前における在日朝鮮人や日本人の朝鮮人犠牲者追悼・抗議運動と日本国家
第5章 今日における関東大震災時朝鮮人虐殺の国家責任と民衆責任

著者等紹介

山田昭次[ヤマダショウジ]
1930年生まれ。1962~95年立教大学教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。