実践から学ぶ!治せるMRSA感染症―治らなかった理由が分かれば治せます

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 330,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784914909574
  • NDC分類 493.83
  • Cコード C3047

内容説明

MRSA感染症治療は初期治療薬が最も重要。過去38年間にわたり2万症例を越える各種難治性感染症の治療相談を実施して得られた「自信を持って治せる実践感染症治療法」。知りたい項目ごとに簡単に読めるように講演スライド形式で明記している。

目次

MRSA院内感染の現状は?
抗MRSA薬の組織・臓器移行性の検証
抗MRSA薬の組織移行性一覧表
抗MRSA薬適応症の検証―VCM適応症の日米比較
抗MRSA薬選択時の落し穴―感受性結果で判断すると失敗します
VCMヘテロ耐性株とは
抗菌薬選択時の有用性指標―AUICで判断すると失敗します
2つの意味でTDMは大切!
目で見るMRSA
MRSA感染:VCMと経口剤の使分け―左肩関節骨折後のMRSA感染治療例〔ほか〕

著者等紹介

浅利誠志[アサリセイシ]
1975年大阪府公衆衛生学院(現・大阪府立大学)臨床検査科卒業、大阪大学医学部附属病院・臨床検査部勤務。1991年ハーバード大学短期留学。1998年大阪大学医学部附属病院・感染症対策部副部長。2003年大阪大学医学部医学系研究科博士課程修了、大阪大学医学部附属病院・感染制御部副部長。2004年大阪大学医学部臨地教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。