からだの病いとこころの痛み―苦しみをめぐる精神分析的アプローチ

個数:

からだの病いとこころの痛み―苦しみをめぐる精神分析的アプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 09時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909862068
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3011

内容説明

病気にあってこんごらかった不幸が「ありふれた不幸」となる日まで私たちにできるのは原始的な痛みに触れ続けること―そして“愛しむ”こと。

目次

introduction 現代社会で見失われたもの
三つの視点 関係とは?相互性とは?(臨床の知;病むということ;病むことへの関わり)
四つの出会い 病むこととは?生きることとは?(阻まれた「つながり」そして孤独;分断された「つながり」そして怯え;傷つきと「つながり」のほころび;病いと「つながり」の解体)
conclusion 身体の傷とこころの臨床

著者等紹介

村井雅美[ムライマサミ]
1993年、米国ニューハンプシャー大学大学院心理学部博士課程中途退学。2018年、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程(臨床実践指導学講座)単位取得退学。博士(教育学)。臨床心理士。日本精神分析学会認定心理療法士スーパーバイザー。医療法人岡クリニックに勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。