古代日本文学が物語る婚姻・出生伝承

個数:
  • ポイントキャンペーン

古代日本文学が物語る婚姻・出生伝承

  • 青柳 まや【著】
  • 価格 ¥10,450(本体¥9,500)
  • 花鳥社(2020/03発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 475pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 396p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909832078
  • Cコード C3095

内容説明

伝承はどのように生み出されなぜ記されたのか。古事記、日本書紀、風土記、万葉集、日本霊異記などを対象に、王権神話に関わる婚姻や、異類婚姻譚、異常出生譚を取り上げ、それぞれを文学史的流れの中に位置づける。個別の文献や話型の枠を越えて広く見渡し、伝承の背後に隠された古代人の世界観を解き明かす。

目次

序章 伝承を読み解く方法―本書の目的と構成
第1章 『古事記』『日本書紀』の神々に見る婚姻伝承の差異
第2章 天皇の婚姻・出生伝承と神話の再利用
第3章 『風土記』に見る巫女的女性の婚姻・出生伝承
第4章 始祖・神婚伝承から『日本霊異記』仏教説話への変容
第5章 『万葉集』巻第十六に歌われる古代人の婚姻観
終章 古代文学史の中の婚姻・出生伝承と課題

著者等紹介

青柳まや[アオヤギマヤ]
1985年神奈川県生まれ。2007年相模女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。2017年二松學舎大学院文学研究科博士後期課程国文学専攻修了。博士(文学)。現在、二松學舎大学文学部国文学科非常勤講師。専攻は古代日本文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。