谷崎潤一郎妖美幻想傑作集魔術師

個数:

谷崎潤一郎妖美幻想傑作集魔術師

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月12日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909812438
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

初期の耽美主義、怪奇、犯罪探偵趣味、私生活的幻想―美意識や情念や生活に基づかない思想は、真に思想たり得るのか。自己の欲望に忠実で、かつ總明で勤勉な人間だけが到達できる洞察力を通し、見出された真実が描かれる。文学の魔窟へご招待。

著者等紹介

谷崎潤一郎[タニザキジュンイチロウ]
1886(明治19)年~1965(昭和40)年、小説家。1908(明治41)年、東京帝国大学文科大学国文科に進み、在学中に和辻哲郎らと第2次『新思潮』を創刊。処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(1909年)を発表。大正時代にはモダニズムの影響を受け、様々な作品を執筆した。関東大震災以後は関西に移住し、少女ナオミに翻弄される『痴人の愛』(1924年)を発表。マゾヒズム、耽美主義の文脈で語られることが多いが、ミステリー、歴史小説など、ジャンルは多岐にわたり、その高い評価から「大谷崎」と称される

長山靖生[ナガヤマヤスオ]
評論家。1962年茨城県生まれ。鶴見大学歯学部卒業。歯学博士。文芸評論から思想史、若者論、家族論など幅広く執筆。1996年『偽史冒険世界』(筑摩書房)で大衆文学研究賞、2010年『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』(河出書房新社)で日本SF大賞、星雲賞を受賞。2019年『日本SF精神史“完全版”』で日本推理作家協会賞受賞。2020年『モダニズム・ミステリの時代』で第20回本格ミステリ大賞“評論・研究部門”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。