必須化!小学校のプログラミング学習―成功する全体計画&授業づくり

個数:

必須化!小学校のプログラミング学習―成功する全体計画&授業づくり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月18日 09時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 94p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784909783226
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

目次

1 2020どんなプログラミング授業をつくるか(学習指導要領の単元でつくるプログラミング授業;各教科内容でつくるプログラミング授業;朝学習でするプログラミング授業;クラブ活動で楽しく学ぶプログラミング学習―すぐ使えるワークシート付)
2 ここから始める!プログラミング学習のやり方・進め方(プログラミング言語や教材を活用したプログラミング学習;コンピュータを使わないプログラミング学習(アンプラグド型学習))
3 プログラミング教育って何だろう(なぜ、小学校にプログラミング教育を導入するのか?;プログラミング教育とは、どのような学びか?;プログラミング学習の分類と指導の進め方)
4 子供が進んで取り組む年間指導計画のつくり方(プログラミング学習で育む情報活用能力;プログラミング学習の年間指導計画のつくり方)
5 プログラミング学習をカリキュラム・マネジメントする視点(プログラミング学習に必要な視点;プログラミング学習先進校→成功のプログラムとは)

著者等紹介

磯部征尊[イソベマサタカ]
愛知教育大学創造科学系准教授。新潟県新潟市出身。新潟大学教育学部卒業、上越教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了、兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了。博士(学校教育学)。新潟県内の公立小学校教諭、新潟大学教育学部附属新潟小学校教諭を経て、現職。日本科学教育学会編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぱぱちん

0
小学校のプログラミング教育の現状が知りたくて手に取ってみた。本書は小学校でプログラミング授業を行う先生向けの書であって、教え方というよりもどういう動機付けを行うのか、どんな計画を立てるのかが主な視点となっていた。国語、算数、理科、社会、体育など、およそプログラミングとは無縁と思われる教科もこの考え方が生かされている。2020年から必須項目となっているが、新型コロナウイルスの蔓延とともに授業時間がけずられており、どこまで実現できているのだろうか?とにかく非常に勉強になった。2020/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14588140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。