みらいへの教育<br> バートランド・ラッセル 反核の論理学者―私は如何にして水爆を愛するのをやめたか

個数:

みらいへの教育
バートランド・ラッセル 反核の論理学者―私は如何にして水爆を愛するのをやめたか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909783134
  • NDC分類 133.5
  • Cコード C0010

内容説明

西欧文明がゆきついた果て―核戦略の時代に生きる人間が想像力の裡から消し去ってはならないこと。ノーベル文学賞受賞という最高の栄誉と、投獄2回・教職剥奪2回という受難。数理論理学の大著『プリンキピア・マテマティカ』から世界平和を実現する構想に至るまで、みずからの生命の躍動のままに千変万化したバートランド・ラッセルの強烈なスピリットが蘇る―。大正日本、そして戦後日本の視点をとおし、いま描き出す新しいラッセル像!

目次

第1部 大正日本とラッセル(日本思想界のラッセル;人間ラッセル対極東)
第2部 ラッセルの機知と怒り(機知と怒り・素描;背徳としての論理)
第3部 核時代のドン・キホーテ(水爆愛、そして懐疑の終焉;ドン・キホーテ、立つ)
第4部 平和運動と自己(啓発された利己心・聖なる利己心;ファウストとしてのラッセル)
第5部 核の世界(滅亡のイメージ;戦後日本とラッセル)

著者等紹介

三浦俊彦[ミウラトシヒコ]
1959年長野県生まれ。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。89年、同大学院比較文学比較文化専門課程単位取得退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部/美学芸術学研究室教授。専門は美学・形而上学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がんもどき

0
図書館本。 正直に言ってこの本の扱う「美」が良くわからなかったので(主題が分からなかったということ)ラッセルの生涯を語った本として読んだ。生きながら時代遅れになり全く実を結ばなかった平和運動に取り組んだラッセルが平和運動をした動機は、今まで一段高い貴族社会からものを見ていたのが、原水爆の登場で自分の(貴族の)世界を脅かすものと取り組まなければならざるを得なくなったから?うん、よくわかってない。2019/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13956060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。