その正体は何だ!?―じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

個数:

その正体は何だ!?―じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 14cm
  • 商品コード 9784909689238
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

たった100字の短い物語が、君の頭を支配する。謎の生き物?を閉じ込めた130話!「じわ100」シリーズ!ほぼ百字小説書籍化第2弾!

目次

稲刈りが終わると、田
あの地底怪人の正体、
雨ではなく、ピンク色
運動会の大玉がいつも
たとえば、長靴ね。水
出番のないままだった
予言どおり、空港に巨
便器のように見えるか
水筒の中に何かがいる
年老いた遊園地が死ん〔ほか〕

著者等紹介

北野勇作[キタノユウサク]
1962年、兵庫県生まれ。92年、「昔、火星のあった場所」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。『かめくん』で日本SF大賞受賞。新作落語の会「ハナシをノベル」では、ノベラーズの一員として新作落語を書く。田中啓文との朗読ユニット「暗闇朗読隊」として、不定期にライブを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

Twitterでウワサの【ほぼ百字小説】の書籍化。大好評のため
第2弾作っちゃいました!今回のテーマは「生き物」!掲載作130本は、
1300作以上の作品から厳選した、子どもの想像力をかき立てる100字の奇妙
な物語集! いつでもどこにでも持ち歩ける正方形に近いコンパクトサイズで、
好きなときに好きなところで読めるので、大きな本、長い物語が
苦手な子どもでも楽しめます!

北野勇作[キタノユウサク]
著・文・その他