惑星の影さすとき

個数:

惑星の影さすとき

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 22時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909646200
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶっくまん

5
SFって面白いな、ということを再確認できる。 SF短編漫画10作を合本した作品集。短編1本につき、奇抜で独特のアイデアが盛り込まれているため新鮮で既視感のなく楽しめる上に、ストーリーやオチが優れているため何度でも読み直したくなる中毒性がある。短編1本につき1頁著者によるコメントや解説が挿されているが、この読者への問いかけだけでもSFに対する愛と造詣の深さを感じることができる。個人的お気に入り作品は、無限の性質を扱った「無限登山」。お気に入りの付録解説は「星を見る顔」の後の「自然物を見る目とは」。2019/06/07

ヤスさん

3
すごいSF。面白い。絵は少し人を選ぶかも。好きな人は好き。ちょいちょい用語解説とかも挟まるんだけど、私の知識では、分かったような分からないような…。まあ、実際そんなものなのかもとも思う。仮説とかもあるし、概念とかだったりもするし。ちょっと読んで理解できたら、研究者とかになってるわな2020/02/19

渡邊利道

2
著者二冊目の短編集。前半は素晴らしく大胆に展開する奇想がひたすら楽しいハードSF短編で、後半は前作から続く女性ジャーナリストものとなり、今回は無限工作社なる「悪役」風の組織が登場する連作風のものだったが、特に何かはっきりしたオチがあるわけではなかった、後半を読み進めていくと前半ともいくつかの細部でつながっているのがわかり、大きな世界観と物語がこの先どうなっていくのか楽しみな感じもしてくる。2019/09/11

緑虫@漫画

2
★★★★ 2^999、無限登山などが待望の単行本化。駒草出版の方角に足を向けて眠れない。2019/06/09

誰パンダ

1
ハードSF!「宇宙の星の数を2×10の22乗個と仮定し全ての恒星がダイソン球体で覆われているとすると999連勝するために必要な宇宙の数は223696×10の260乗個」 ちゃんと各話ごとに解説ページがついてるので丁寧。だけど全部はわからない。というか大体わからない。無限工作社の目的は?無限を作り出すこと?連作短編なのかこれ?「無限大の日々」と「物質たちの夢」と同じ世界の話なのかな?2021/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13707345

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。