仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう

個数:

仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2020年01月23日 00時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 331p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784909394248
  • NDC分類 302.163
  • Cコード C0095

内容説明

大阪を深く知る12人と、マジメな話を大爆笑でお贈りします。

目次

大阪って特殊ですか?(ゲスト・高島幸次)
大阪弁を考えるの巻(ゲスト・金水敏)
花街華やかりしころを聞く(ゲスト・西川梅十三)
大阪城へ、ようこそ(ゲスト・北川央)
大阪は私鉄王国(ゲスト・黒田一樹)
食の街、大阪を行く!(ゲスト・江弘毅)
浪花音楽談義(ゲスト・キダ・タロー、助っ人・輪島裕介)
これが「大阪のおばちゃん」だ!(ゲスト・谷口真由美)
楽しい上方落語案内(ゲスト・小佐田定雄)
地ソース百花繚乱(ゲスト・堀埜浩二)
大大阪って何だ?(ゲスト・橋爪節也)
本当の大阪って?(ゲスト・柴崎友香)

著者等紹介

仲野徹[ナカノトオル]
1957年、「主婦の店ダイエー」と同じ年に同じ街(大阪市旭区千林)に生まれる。大阪大学医学部医学科卒業後、内科医から研究の道へ。ドイツ留学、京都大学・医学部講師、大阪大学・微生物病研究所教授を経て、2004年から大阪大学大学院・医学系研究科・病理学の教授。専門は「いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか」学。2012年には日本医師会医学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件