生きるように働く

個数:
  • ポイントキャンペーン

生きるように働く

  • ウェブストアに48冊在庫がございます。(2018年09月23日 11時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394132
  • Cコード C0036

内容説明

自分の時間を生きていたい。毎月10万人が閲覧する、求人サイト「日本仕事百貨」を運営する著者、初の著書。植物にとって、生きると働くが分かれていないように、私たちにもオンオフのない時間が流れている―著者自身、そして求人の取材で出会った人たちが、芽を出し、枝を伸ばして、一本の木になっていくまでの話。

目次

1 種を蒔き、水をやる―仕事百貨が生まれるまで(いいハプニング;衝動と付き合う)
2 芽が出て、葉が開く―はじめての求人依頼(自分ごと;贈り物)
3 根を張り、幹を伸ばす―真似できない求人サイト(まずやってみる;目の前にいる人と向き合う ほか)
4 枝を張り、葉が茂る―「しごとバー」のはじまり(顔が見える;はじめからさいごまで ほか)
5 森になる―自分の映画館をつくれるサービス「popcorn」のこと(みんなでつくっていく;快楽サステナブル)

著者等紹介

ナカムラケンタ[ナカムラケンタ]
「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表取締役。1979年、東京都生まれ。明治大学大学院理工学研究科建築学修了。不動産会社に入社し、商業施設などの企画運営に携わる。居心地のいい場所には「人」が欠かせないと気づき、退職後の2008年、“生きるように働く人の求人サイト”「東京仕事百貨」を立ち上げる。2009年、株式会社シゴトヒトを設立。2012年、サイト名を「日本仕事百貨」に変更。ウェブマガジン「greenz.jp」を運営するグリーンズとともに「リトルトーキョー」を2013年7月オープン。いろいろな生き方・働き方に出会える「しごとバー」や誰もが自分の映画館をつくれる「popcorn」などを立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

内容
自分の時間を生きていたい。
毎月10万人が閲覧する、求人サイト「日本仕事百貨」を運営する著者、初の著書。
植物にとって、生きると働くが分かれていないように、私たちにもオンオフのない時間が流れている――著者自身、そして求人の取材で出会った人たちが、芽を出し、枝を伸ばして、一本の木になっていくまでの話。
ぼくは「日本仕事百貨」という求人サイトを運営している。職場を訪ねてインタビューし、それを求人の記事にまとめる。大切にしているのが、仕事のあるがままを伝えること。(略)求人というと、募集要項がメインとなることも多い。もちろん、福利厚生や給料だって、大切なこと。けれどそれだってひとつの枝葉に過ぎないんじゃないか。それよりも根っこに共感できるか。こちらのほうが大切なんじゃないか。
――「はじめに」より
本書に登場する方々
西村佳哲さん、シブヤ大学/左京泰明さん、カキモリ/広瀬琢磨さん、福島屋/福島徹さん、DRAFT/宮田識さん、6次元/ナカムラクニオさん、東京R不動産/林厚見さん ほか

著者情報
ナカムラケンタ
「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表取締役。1979年、東京都生まれ。明治大学大学院理工学研究科建築学修了。不動産会社に入社し、商業施設などの企画運営に携わる。居心地のいい場所には「人」が欠かせないと気づき、退職後の2008年、“生きるように働く人の求人サイト”「東京仕事百貨」を立ち上げる。2009年、株式会社シゴトヒトを設立。2012年、サイト名を「日本仕事百貨」に変更。ウェブマガジン「greenz.jp」を運営するグリーンズとともに「リトルトーキョー」を2013年7月オープン。いろいろな生き方・働き方に出会える「しごとバー」や誰もが自分の映画館をつくれる「popcorn」などを立ち上げる。

目次
I 種を蒔き、水をやる
  仕事百貨が生まれるまで
  いいハプニング――トム・ヴィンセントさん
  衝動と付き合う――西村佳哲さん
II 芽が出て、葉が開く
  はじめての求人依頼  自分ごと――木村硝子店/木村武史さん、シブヤ大学/左京泰明さん
  贈り物――ブリュッケ/伊藤佐智子さん、FESCH一級建築士事務所/安井慎治さん、グラム・デザイン/赤池円さん、ラ・ボンヌ・ヌーベル/佐々木隆行さん
III 根を張り、幹を伸ばす
  真似できない求人サイト
  まずやってみる――日光珈琲・饗茶庵/風間教司さん、nD inc./中原寛法さん、NPOグリーンバレー/大南信也さん
  目の前にいる人と向き合う――蔵前・カキモリ/広瀬琢磨さん、釜浅商店/熊澤大介さん
  今、ここで生きる――おまめ舎/久木誠彦さん、群言堂/松場登美さん
IV 枝を張り、葉が茂る
  「しごとバー」のはじまり
  顔が見える――月光荘/トモレッドさん
  はじめからさいごまで――福永紙工/山田明良さん・宮田泰地さん、福島屋/福島徹さん、デザイン会社ドラフト/宮田識さん
  つなげるデザイン――MIRU DESIGN/青木昭夫さん、リノベーションスクール/嶋田洋平さん
V 森になる
  自分の映画館をつくれるサービス「popcorn」のこと
  みんなでつくっていく――荻窪・6次元/ナカムラクニオさん
  快楽サステナブル――東京R不動産/林厚見さん
生きるように働く