手売りブックス<br> 究極の文字を求めて

個数:

手売りブックス
究極の文字を求めて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394071
  • NDC分類 801.1
  • Cコード C0095

目次

第1章 中二病的とんがり文字vs女子高生的丸文字
第2章 どこで切るか、それが問題だ
第3章 古代の文字はロマンの香り
第4章 母音をどう表すか問題
第5章 そんなルール、ありですか…?
第6章 何かに似ている
第7章 文字で遊べ!
第8章 オリンピックとか、国旗とか
第9章 身のまわりの文字たちの起源

著者等紹介

松樟太郎[マツクスタロウ]
1975年に生まれる。某大学ロシア語科を出たのち、出版社に入社。ビジネス書を主に手がける。ビジネススキル雑誌の編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

60
大爆笑! 世界の文字紹介という、比較的レアな、かつアカデミックな内容を、超多数のギャグで読ませるという稀な本。架空文字を紹介した「絹と立方体」もオタク的情熱が生んだ本だったが、同種のノリを感じますね。そうですか。おっと、著者の文体に影響されてますね。ちなみに著者は「松」さんです。「松樟」さんではなくて。日本語は分かち書きしないのが正式だからですね。(←乗りうつられている)2018/10/06

Ayumi Katayama

15
なんだか、へんな本。ノリは軽すぎるくらいに軽い。ミャンマー文字が丸いことについて『床に転がっているのを踏むと転ぶので注意が必要です』・・・え? ベンガル文字に対しては『線がヨン様のマフラーのようにひらひりと舞っています』・・・は? こんな感じが続くんでしょうか。続くんです。かと思えば、インド棒や母音の話など興味深い内容に触れている。油断禁物です。特に面白いのは『<は「pa」、∧は「pi」、>は「po」、∨は「pe」』。回転させると母音が変わるとは。まあ、要するに文字フェチが高じて本を書いてしまったようだ。2018/08/27

ぐるぐる244

14
「声に出して読みづらいロシア人」が面白かったので、読友さんのレビューでこの本の発売を知り購入。しかし、言語には興味あるけど、文字にはあんまり興味なかった、と気づき挫折しかかるも、もちなおし読了。周りにこの本からの薀蓄を語りたくなり煙たがれる。だって読み方は左から右、あるいは右から左、上から下くらいしか考え付かないけど、マヤ文字は左→右→左斜め下→右ってなに?面白すぎる。2018/10/31

綾瀬ちかこ

8
国の数だけ文字はあり、世界を見てみるとやたらと丸かったり、直線的だったり思わずこんな文字があるのか~と唸ってしまいました。 作者の語り口調で書かれているので、ちょっとお堅そうなタイトルですが中身は非常にキャッチになっています。現代で使われていない文字にも触れているので歴史好きな方にもいいかも?な一冊です。2018/07/17

ぽけっとももんが

7
これは面白い。好き嫌いがわかれそうだけれど、鳥の川上氏が面白いと思う人には受け入れられそうだ。古今東西の文字に対するつっこみと蘊蓄。ロシア語とウクライナ語の見分けはごま塩。インド棒は単語ごと。多分一生役に立たない、でも文字好きにはたまらない情報満載。そうだ、わたしは文字が好きなのだ、読めなくても。学術的な系統立てたものはもう歯が立たないので、こういう美味しいところをちょろっと齧らせてくれるとすごく嬉しい。やっぱりマヤ文字は書く人によって相当違うんだって。そりゃそうでしょうとも。そして書き間違えたら泣く。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12847372

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。